本文へスキップ

電子機械科

ものづくりの精神

 電子機械とはメカトロニクス、つまり電子と機械、情報などの知識・技術を融合した技術分野のことをいいます。それらは代表的であるロボットだけではなく、自動車や電気製品など様々な製品に応用されています。

 電子機械科では、電子・機械・情報分野を座学や実習を通して幅広く勉強します。ロボット実習を例に挙げると、コンピュータによる設計、各種工作機械による製作、電子基板づくり、プログラミングによる制御とロボットに関わるすべてを学ぶことができます。

 ものづくりを学びたい生徒のための最適な環境がしっかりと整っています。充実した工作機械を備えた全国でもトップクラスの施設を使用し、思う存分ものづくりに浸れる3年間を過ごすことができます。

学びのポイント

Point1
ものづくりのスペシャリストに

 電子機械科では、座学において電子・機械・情報分野の幅広い基礎知識を学習するとともに、充実した各種工作機械や最先端のコンピュータ機器のある、全国でもトップクラスの施設を使用した実習を通して、学んだ知識を実践する力や応用力を身につけます。

Point2
就職に強い!

 3年生で行う課題研究やエンジニアコースの各選択科目では、総合的なものづくりを通して、課題を設定し解決する力や探求心を育成します。主体的に考え学び続ける姿勢は、日々技術革新の続く工業分野を生き抜く力を育みます。毎年、就職希望者の内定率は100%です。

Point3
進学にも強い!

 進学サポートコースでは、専門教科と大学進学後に必要な理数科目をバランスよく履修することができます。指定校推薦やAO入試で大学進学後、機械・電気・情報等の工学分野をより深く学び、大学進学後に企業で研究職についている卒業生もたくさんいます。

カリキュラム


1学年

・工業技術基礎
・製図
・情報技術基礎
・工業数理基礎
2学年

・実習
・製図
・機械設計
・機械工作
・生産システム技術
・原動機
・情報技術応用
3学年

・実習
・製図
・課題研究
・メカトロニクスA
・メカトロニクスB
・メカトロニクスC
・メカトロニクスD


PickUP!

◇実習
 1年生での基本から3年生の応用まで、徐々にレベルを上げていき、より複雑な作品の製作、より高度な技術の習得を目指します。

◇製図
 手描き製図は、各学年とも週2時間ずつ専用の製図板を使用し、技術と能力の向上に努めます。また、2年生からはCAD(コンピューターによる製図)も行います。2次元や3次元の最先端の作図ソフトが使用できます。

◇課題研究
 2年間で学んできた「ものづくり」の集大成として、4・5人のグループで1年間かけて製作や研究に励みます。各グループが設定した課題を授業時間だけではなく、放課後や長期休業中も製作を行い、年明けに行われる課題研究発表会に臨みます。

資格取得について

 電子機械科では、資格取得にも積極的に取り組んでいます。情報技術検定や製図に関わる検定など、電子機械科の授業内容に沿った検定試験では、放課後の補習なども行っています。
 複数の資格試験に合格することによって、ジュニアマイスター表彰(特別表彰・ゴールド・シルバー)を受けることもできます。

全国工業高等学校長協会主催の試験

 ○情報技術検定 1級     ○計算技術検定 1級
 ○情報技術検定 2級     ○計算技術検定 2級
 ○基礎製図検定        ○計算技術検定 3級
 ○機械製図検定        ○初級CAD検定  など

国家試験など

 ○旋盤技能検定        ○アーク溶接特別教育
 ○危険物取扱者試験      ○ガス溶接技能講習
 ○簡易ボイラー講習      ○クレーン・玉掛技能講習
 ○高所作業車特別教育     ○小型車両系建設機械特別教育  など

進路について

 電子機械科では、毎年クラスの過半数の生徒が、自動車メーカーや大手製造業などに就職しています。これまで多くの先輩たちが残した信頼や実績によって、具体的な情報をもとに安心して自分に合った就職先を探すことができます。
 また、4年生大学に進学する生徒のほとんどは、指定校推薦やAO入試を利用しています。早い時期から目標を見定めることにより、しっかりとした準備と対策を取ることができます。

進学

主な進学先

神奈川工科大学 神奈川大学 関東学院大学 湘南工科大学
桐蔭横浜大学  東京工科大学 東京電機大学


日本工学院八王子専門学校

大学

2019年度
神奈川工科大学 神奈川大学  関東学院大学 湘南工科大学
千葉工業大学  東京工科大学 東京電機大学 名古屋外国語大学
2018年度
神奈川工科大学 神奈川大学 関東学院大学 湘南工科大学 創価大学 鶴見大学

2017年度
神奈川工科大学 神奈川大学  湘南工科大学 多摩美術大学 東海大学
東京工科大学  東京電機大学 日本体育大学
2016年度
神奈川工科大学 神奈川大学  関東学院大学 国士舘大学 湘南工科大学
桐蔭横浜大学  東京電機大学

大学校

2016年度
職業能力開発総合大学校

専門学校

2019年度
東京スクールオブミュージック専門学校 日本工学院専門学校
ホンダテクニカルカレッジ関東     横浜テクノオート専門学校
2018年度
HAL東京 東京動物専門学校 日本工学院専門学校 日本航空大学校 服部栄養専門学校
2017年度
呉竹鍼灸柔整専門学校 尚美ミュージックカレッジ専門学校 日本工学院専門学校
2016年度
東京コミュニケーションアート専門学校 東京電子専門学校 日本工学院専門学校
日本工学院八王子専門学校       日本航空専門学校 日本電子専門学校


就職

主な就職先

JFEスチール:東日本製鉄所          JXTGエネルギー キャノン
ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所:磯子工場 ミツトヨ 研究開発本部:川崎工場
旭ダイヤモンド工業:玉川工場          花王:川崎工場 三進工業
三菱電機:鎌倉製作所              総合車両製作所 東亜石油
東洋製罐:川崎工場               日産自動車   日本フルハーフ
日本発条                    日本郵便:南関東支社
日野自動車                   武蔵エンジニアリング

公務員

2017年度
防衛省 南関東防衛局

2016年度
東京都交通局 運輸係

2015年度
東京都交通局 運輸係

民間企業

2019年度
JFEスチール:東日本製鉄所 キャノン    ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所:磯子工場
ミツトヨ 研究開発本部:川崎工場       横浜日野自動車
花王:川崎工場        京浜急行バス  三菱プレシジョン
三菱電機 鎌倉製作所     総合車両製作所 島田理化工業
東亜石油           東海旅客鉄道:新幹線鉄道事業本部
東京急行電鉄鉄道:事業本部  日鋼技研    日産自動車
日清オイリオグループ:横浜磯子事業場     日本フルハーフ
日本電気
2018年度
JXTGエネルギー        キャノン       ミツトヨ 研究開発本部:川崎工場
旭ダイヤモンド工業:玉川工場 三菱電機:鎌倉製作所 芝浦メカトロニクス:横浜事業所
森永エンゼルデザート     総合車両製作所    東亜石油
東京精密           独立行政法人 国立印刷局:小田原工場
日産自動車          日清製粉:鶴見工場  日本フルハーフ
日本精工:技術センター    日本発条       日本郵便:南関東支社
日野自動車          日油:川崎事業所   武蔵エンジニアリング
麒麟麦酒 横浜工場

2017年度
旭ダイヤモンド工業:玉川工場 三菱電機:鎌倉製作所 日産自動車
JFEスチール:東日本製鉄所 日本郵便:南関東支社 三進工業
東亜石油           花王:川崎工場    住電オプコム
総合車両製作所        富士ソフト      JXTGエネルギー
廣済堂            東洋製罐:横浜工場  武蔵エンジニアリング
(有)イプシロン

2016年度
旭ダイヤモンド工業:玉川工場 三菱電機:鎌倉製作所 日産自動車
JFEスチール:東日本製鉄所 日本郵便:南関東支社 三進工業
ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所:磯子工場   三菱ふそうトラック・バス
日本フルハーフ        日本発条       日野自動車
いすゞ自動車         東洋製罐:川崎工場


卒業生からのメッセージ

電子機械科 2006年卒業  小島 貴洋

東京電機大学 工学部第二部 機械工学科卒
川崎総合科学高等学校教員

今こんな仕事をしています!

 電子機械科の教員をしており、ものづくりに関する知識や、技能を教えています。生徒との触れ合いは毎日が刺激的で、教員として常に成長を求められます。責任重大ですが、毎日わくわくした気持ちで仕事に臨めています。
 私がこの仕事を通して目標としていることは、生徒のものづくりに対する興味関心を高めることです。ものづくりは日本を成長させた原動力だと思いますし、自らの手で何か創り出すという、とても楽しいものです。工夫を凝らした授業を展開する事で、この目標を達成し、日本の未来を担う人財を多く輩出できればと思います。

高校時代の思い出

 特に思い出深いのは課題研究です。課題研究とは、4名程度の班に分かれて1年間かけて作品を製作する授業で、私は3輪バイクの製作に挑戦しました。完成までは苦労の連続でしたが、加工した部品が設計図通りに組み立った時や、困難な課題を班員と協力して乗り越えた時などに得られた達成感は今でも忘れません。完成した3輪バイクは、走行が安定せず不安な仕上がりとなり、製品の安全性と、責任感を持ってものづくりに取り組むことの重要性を痛感しました。課題研究は私にものづくりの楽しさと難しさを教えてくれた貴重な体験です。

情報工学科 2006年卒業  栗橋 翠

電機通信大学 大学院 情報システム研究科 博士後期課程修了
トヨタ自動車株式会社

今こんな仕事をしています!

 東富士研究所でパワートレーンの先行開発を行っています。パワートレーンとは自動車の動力を発生させタイヤに伝えるまでの装置を総称で、先行開発とは未来に実現したい新しい技術を試行錯誤しながら形にすることが役目です。
 私の目標は今よりもっと安全で効率的にパワートレーンをコントロールすることで、ドライバーがより安心して運転でき、地球環境にも優しいクルマを作ることです。ITや周辺技術の発展に伴い様々な可能性が広がり、未来のクルマを形作ることができる面白い仕事です。

高校時代の思い出

 「人を乗せて走るものが作りたい!」と班のメンバーと言い張り、指導教員と対立しながらも電動車椅子を製作した課題研究が良い思い出です。学校における学業の面で、自分達が主導権を握れたのは初めてで、大きな遣り甲斐と責任を感じながら活動できました。技術よりも精神的に成長できたこの経験が、自分の価値観を形成するターニングポイントだったように思えます。製作資金が乏しく、動力が余っていた自動車用ワイパーのモーターに決定した際は諦めムードも漂いましたが、ギア比やタイヤ径等に工夫を凝らし何とか完成に漕ぎ着けました。